▼ 1946年〜1950年代▼ 1960年〜1970年代▼ 1980年〜1990年代▼ 2000年以降

▼ 1946年〜1950年代

1946年 創業者・前田磯友が個人事業として前田製作所を創立
1949年 鋼製ドラム缶の生産委託・販売の開始
1955年 個人事業から資本金50万円で株式会社前田製作所を設立

▼ 1960年代〜1970年代

1961年 近畿プリント工業株式会社を買収し、金属印刷事業を開始
1962年 山口県下松市に周南工場を新設し、西日本地区での容器供給基地として、各種鋼製容器の製造・販売を開始
1966年 千葉県市原市に千葉工場を新設し、日本初の鋼製製ペール(テーパー型)の生産を開始
1968年 鋼製ドラム缶再生事業のため大師容器工業株式会社を設立
1970年 潤滑油充填・荷造り事業を開始するためスワ・フイリング株式会社の設立
1972年 旧ソ連石油精製省に金属容器製造設備、潤滑油充填設備、金属印刷設備等のプラント輸出
1974年 千葉工場に全自動鋼製ペール生産ラインを増設
1975年 中国で初の日本工業技術展覧会に出展。その後中国国内5か所、7工場へプラント輸出
1977年 岩国太平容器株式会社を買収。西日本地区での鋼製ドラム缶再生事業を開始
1979年 オランダ/バンリアー社(現グライフ社)の鋼製ドラム多重巻製造技術を取得し、主たるドラム缶メーカーに技術供与

▼ 1980年代〜1990年代

1987年 千葉工場に20L・18Lプラスチックペール量産製造設備・印刷ラインを新設し、製造・販売を開始
1987年 オランダ/バンリアー社の製造技術によるプラスチックドラムの製造・販売開始
1989年 台湾に敦和容器股份有限公司を設立し、金属ペール、鋼製小型缶の製造・販売と受託充填を開始
1995年 中国に廊坊津瑞印鉄廠を設立し、金属印刷を開始する
1996年 米国/フーバー社のIBCsの販売総代理店となる
1997年 中国に廊坊前田制桶有限公司を設立し、鋼製ペールや鋼製小型缶の製造・販売を開始
1999年 大師容器工業株式会社 工場閉鎖

▼ 2000年以降

2002年 ISO 9001(2000)を新規認証取得(鋼製ペール工場)
2003年 岩国太平容器 鋼製ドラム缶再生工場 操業停止
2004年 近畿プリント工業 金属印刷工場 操業停止
2005年 環境省広域認定取得。長柄・周南リサイクルセンター稼働
2007年 ISO 14001(2004)を新規認証取得(千葉工場)
2008年 プラスチックドラムの製造・販売を中止
2009年 前田 洋、代表取締役に就任
2011年 インドネシアにPT.MIWADA INDUSTRIALを設立
2016年 スワ・フイリング株式会社を清算
2016年 足立 敏、代表取締役に就任
2017年 前田洋子、代表取締役に就任
2019年 近畿プリント工業株式会社の樹脂印刷事業を譲受